ヘルペス

妊婦さんでも安心のノンカフェイン青汁

妊婦に青汁があまり良くない理由のひとつにカフェインがあります。
青汁にはカフェインが微量に含まれているので注意が必要です。

カフェインは、妊婦が過剰摂取してしまうと、未熟児での出産や早産、さらには流産してしまう危険もあります。
妊婦が出来るだけ摂取したくないのはカフェインですが、逆に摂取しなければいけない栄養素は葉酸です。

妊娠中に必要な栄養素は沢山あり、一度の食事で二人分の栄養素を摂取するのはとても無理です。
そんな時にはやはりサプリメントなどに頼るのですが、摂取しても良い物を含有しているサプリメントを見つける必要があります。
現在では、健康食品やサプリメントが充実しており、妊婦でも安心して摂取出来る栄養素を含んだ物が販売されています。
その中でお勧めできるのは青汁になります。
妊娠すると、摂取しなければいけない栄養素が、日頃より多くなります。
それらを食事で補うのは難しいので、青汁がお勧めなのです。
しかし、心配なのは、青汁にもカフェインは含有しているという事です。

青汁の場合、カフェインよりも必要な栄養素の含有率の方がはるかに多いので、カフェイン量も実はそれほど気にする必要がありません。
それでもカフェインに敏感な方は摂取を控えたほうが良いでしょう。
かかりつけのお医者さんに相談してみてもいいですね。

現在では、妊婦でも安心して飲むことが出来るノンカフェインの青汁も販売されています。
これなら出産後、授乳中に青汁を飲んでも問題ありません。
これらを摂取して、元気で丈夫な赤ちゃんを出産し、その後も健康を維持していきましょう。